CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ザ・ポイズン
ザ・ポイズン (JUGEMレビュー »)
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン
めっさよいだのん。
RECOMMEND
ブラック・レイン
ブラック・レイン (JUGEMレビュー »)
オジー・オズボーン
めっさょぃ。ょぃったらょぃ。
MOBILE
qrcode
<< 劇団角笛シルエット劇場 | main | 東京おしゃれ探偵シマヅヤマゴウGO! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    鉄鼠の檻
    0
      文庫版 鉄鼠の檻
      文庫版 鉄鼠の檻
      京極 夏彦

      やったよママン、僕、読み切ったよ。開くほぅを下にしても自立できゆくらい厚かったんだ、この本。悪魔だよ。嫌がらせだよ。寝食忘れて読んだら腱鞘炎まっしぐらだよ。みんなにすごいの読んでるねって言われゆんだよ。
      え、京極堂の憑き物落としわまだまだこれからだって?榎木津のしりーずもあるって?
      …ママン、僕わモーレツに幸せなんだよねぃ。
      まだまだ京極夏彦が読めゆなんてこんな幸せなこと、まだまだ、まだm…ばたり

      こんなに厚くても、こんなにわかんない漢字や難しい言葉が出てきても、放棄すゆ気にわならないのんがすごいよねぃ。今回わ榎木津くんが京極堂をきょーれつサポートって感じなの。だってさ、あの京極堂がピンチってゆーか思い悩むってゆーかなんだもん。「後巷説物語」のアノ人や、「姑獲鳥の夏」のアノ人(s)が出てくゆのよぅ。もぉびっくりしたわよぅ。
      クライマックスシーンでわ、毛穴が開くが如く総毛立つが如く、前半のまったり進行モードと逆で、読み手としてわぐんぐん加速して引き込まれてゆくから気持ちいーのん。あーこの感覚わ何かに似てゆっておもたけどそれわ秘密です(いやん

      すべてが崩壊して、徐々にちーさな点になゆくらいにしゅるしゅる萎んじゃったよーな寂しさみたいなそんな読後感に浸っていたきゃさなのだけど、禅の何かがすこぉし解ったよーな、ああこゆのんわ言葉にしちゃダメなんだっけネ☆
      | よむ | 13:09 | comments(3) | trackbacks(3) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:09 | - | - |
        コメント
        レビューをチラリと読んでみたけど・・・
        あかん! めちゃ好みの本みたいやん!

        あかんねん。あかんねん。
        今は本を読む時間が無い つうか
        本を買う前に眼科に行って眼鏡を作らんと!(爆)
        あたしを誘惑せんといてぇ〜www
        | びわっち | 2004/12/06 4:57 PM |
        これで漸く、「絡新婦の理」を読む下準備ができましたねぃ?
        不思議なものなど、なにひとつないのだよ、きゃさくん。

        箱根に方面に行くことがあったら言ってよね。案内しますぜ。
        鎌倉の禅寺もね。
        | Kota | 2004/12/07 6:26 AM |
        >びわちぃ
        ふふふ。読むがいいさ、嵌るが良いさ。
        めっさおもろいで…かもんかもん(めっさはーと
        ブルーベリーをお供にどぞぅだよw

        >Kotaさん
        おーし、次。本屋で「絡新婦の理」の厚さに眩暈しないよーに買ってきますゆ。
        んむ…かなり箱根行きたい…鈴子探しにいこーよ鈴子。
        | きゃさ | 2004/12/07 10:28 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kyasa.jugem.jp/trackback/172
        トラックバック
        「鉄鼠の檻」読了 
        京極夏彦著「鉄鼠の檻(てっそのおり)」をやっと読み終えました。 夜寝る前30分〜1時間ほどのペースだったので3週間ほどかかってしまいました。 残り200ページを今日ファミレスで一気読みです。クライマックスはやはり怒涛の勢いです、ハイ。 これまでと違い、京極堂の
        | xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2004/12/07 12:09 AM |
        「鉄鼠の檻」 京極 夏彦
        京極堂シリーズで一番好きな作品。 この作品も例の如く京極堂とその一派が活躍する話だが、この作品の一番のお薦めポイントは、極寒の箱根を舞台にしているためいつ読んでも手軽に私の好きな真冬感覚が味わえるということ。極寒の箱根。人里はなれた山の奥深くにある旅
        | 書評 | 2004/12/08 2:21 PM |
        「鉄鼠の檻」京極夏彦
        タイトル:鉄鼠の檻 著者  :京極夏彦 出版社 :講談社ノベルス 読書期間:2005/02/01 - 2005/02/11 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」…。箱根に起きる奇怪な事象に魅入
        | AOCHAN-Blog | 2005/02/11 10:43 PM |